本文へスキップ

お酒の瓶に、名前・メッセージ・ロゴマーク・イラストなどを彫刻する名入れボトルの製作手順の説明です。

電話でのお問い合わせは0565-32-6033

メールでのお問い合わせはこちら

 >  > 製作手順

名入れボトルの製作手順について

お酒の瓶に、名前やメッセージをサンドブラスト彫刻する名入れボトル製作手順の紹介です。図案やマスキングシートの作り方、マスキングの仕方やサンドブラスト加工などを紹介しています。

1.お酒のボトル

名入れ彫刻する一升瓶

名前・メッセージ・飾りデザインなどを彫刻するボトル(一升瓶)です。ラベルを剥がしたところに彫刻します。
ただ、どのような形状のボトルでも彫刻できるわけではなく、くびれのあるもの、表面にモールドが入っているもの、スリガラス状のものには彫刻できません。


2.彫刻用図案の作成

彫刻用の図案

ボトルの大きさに合わせて彫刻用の図案を作ります。作った図案がそのままの形で彫刻されるので、誤字脱字やレイアウトをしっかりと確認します。
文字が小さすぎると、彫刻したときにつぶれて判読できなくなるので、大きさにも注意します。アルファベットや数字に比べ、漢字はつくりが複雑なので、漢字を用いた文書をレイアウトする場合は、文字の大きさに特に注意します。


3.図案の印刷

透明フィルムに印刷した彫刻用図案

サンドブラストで使用するマスキングシートを作るために、2.で作った図案を透明なフィルムに黒のインクで印刷します。
透明なフィルムに印刷する理由は、このフィルムに紫外線を当てて紫外線硬化型の樹脂シートに図案を転写する際、紫外線の当たる部分と当たらない部分を作り出すためです。また、黒のインクで印刷する理由は、黒色は紫外線を吸収して通しにくいためです。


4.マスキング用の樹脂シート

マスキングに使う紫外線硬化型の樹脂シート

紫外線で硬化する樹脂シートです。この樹脂シートに彫刻用図案を転写して、サンドブラスト用のマスキングシートを作ります。
気温によって反応性が変わるため、紫外線を当てる時間で反応の度合いを調節します。しっかりと反応し硬化していないと、次の工程で樹脂シート全体が溶けてしまうので注意が必要です。(気温が低いときは反応性が落ちるので、紫外線を当てる時間を長くします。)


5.マスキングシートの作製

彫刻用図案を転写したマスキングシート

樹脂シートと図案を印刷したフィルムを重ね紫外線を照射して、図案を樹脂シートに転写します。重ねる順番は、紫外線ランプ側に図案を印刷したフィルム、次に樹脂シートです。
図案を印刷したフィルムの黒い部分が紫外線をカットして、樹脂シートに硬化していない部分をつくります。この硬化していない部分を、弱アルカリ溶液で溶かして洗い流すと、写真のように図案の形が抜けたマスキングシートができます。この抜けた部分にサンドブラスト加工することにより彫刻できる訳です。


6.マスキングシートの貼り付け

マスキングシートを貼り付けたボトル

ボトルの彫刻を施す部位に、水溶性の接着剤をハケで塗布します。接着剤の厚さにムラがあると、サンドブラスト加工したとき、彫刻される深さが部位によって変わり仕上がりに影響するので、接着剤の厚さが均一になるように注意して塗ります。
次に5.で作ったマスキングシートを貼り付けます。マスキングシートは薄くデリケートなので、一度貼り付けると、やぶれないように剥がすのは難しいため、慎重に貼り付けます。その際、接着面に気泡ができないように注意します。サンドブラスト加工中に、マスキングシートがはがれないように、さらに指でボトルに圧着します。


7.全体のマスキング

全体をマスキングしたボトル

サンドブラスト加工で、マスキングシートではない部分に砂が当たらないように、ガムテープでボトル全体をマスキングします。サンドブラスト中にエアーの圧力でガムテープが剥がれてこないように、しっかりと指で圧着します。隙間があると、そこから砂が当たってしまい仕上がりに影響するので、注意深くマスキングします。

8.サンドブラストの装置について

サンドブラスト用キャビネットの内部

サンドブラスト加工で使う縦1.5m×横1mぐらいの箱状のキャビネットです。前面の扉には、作業中に内部を見るためのガラス窓と、扉を閉めたまま内部に手を入れて作業できる手袋が付いた小穴が開いています。
このキャビネットの中でサンドブラスト加工を行います。下の部分には金剛砂がたまっていて、それを外部に設置したコンプレッサーからのエアーの圧力で吸い上げ、ブラストガンから吐出してサンドブラスト加工を行います。加工中は砂や削られたガラス粉がキャビネット内を舞うため、それらが外に出ないように密閉された装置となっています。



9.サンドブラスト用の金剛砂

サンドブラストに使う金剛砂

ボトルを彫刻するのに用いる金剛砂です。粒度は中程度のものを使用します。
彫刻する内容(細かさや面積)で粒度を変えます。また、使用しているうちに細かく(軽く)なってくるので、補充したり入れ替えたりします。


10.サンドブラストガン

サンドブラストガン

キャビネット内で使うサンドブラストガンです。本体は金属製で、先端ノズルの横にキャビネット内の金剛砂を吸い上げるホース、握りの部分にコンプレッサーからのエアーを供給するホースがつながっています。エアーを吐出すると圧力で金剛砂が吸い上げられ、先端ノズルからエアーと砂を吐出します。エアーのオンオフは、足元にあるフットスイッチで電磁弁を開閉します。
ノズルはセラミック製なので使用しているうちに砂によって摩耗され、穴の内径が大きくなってきます。吐出される砂が広がって削りにくくなったら、新品のノズルに取り換えます。


11.サンドブラスト加工

ボトルへのサンドブラスト加工

ボトルをキャビネットの中に入れ、前面の扉を閉めます。サンドブラスト装置の密閉されたキャビネット内で、マスキングシートの図案の形に抜けた部分(ボトルが露出している部分)に、サンドブラストガンから吐出される金剛砂をぶつけて彫刻を施します。
彫刻する深さは、吐出するエア圧、金剛砂の粒度や金剛砂を当てている時間によって調節します。深さが部分的に深くなったり浅くなったりして均一でない場合、仕上がりが美しくないので、彫刻する深さに注意します。均一な深さを彫刻するコツは、ノズルから吐出される砂を、小さな円をゆっくりと描くようにぶつけ、均一に当たるようにします。その際、砂がボトルに対して垂直に当たるようにします。


12.サンドブラスト完了

ボトルへのサンドブラスト加工完了

サンドブラスト加工が完了した状態のボトルです。写真ではわかりにくいですが、彫刻された部分は白くスリガラス状になり、しっかりと図案が彫刻されました。0.5mmほどの深さで彫刻してあります。
彫刻部をより際立たせるために着色加工する場合は、このまま塗料を流し込み、乾燥させます。


13.名入れボトルの完成

名入れボトルの完成写真

彫刻部をゴールドに着色して乾燥した後、ガムテープとマスキングシートを剥がして水洗すれば、名入れボトルの完成です。
表面についている細かな砂でボトルが傷がつく場合があるため、水洗はやわらかいスポンジで、やさしくなでる様に行います。


ショップ情報

ガラス彫刻工房 四季彩

〒471-0035
愛知県豊田市小坂町7丁目90-3
小坂ビル1A
TEL/FAX:0565-32-6033
定休日:火曜日